FACEBOOK

forum letter

思考の変遷 130409

2013.4.9 WATARU MUTO

4

IDEEに関して、又は黒崎さんに関して。

出会いが人を加速させて、成長を促すと思っている。

長年付き合っていても、まったく仕事にならない人もいれば、出会って、数ヶ月で、とても深い仕事に発展する人もいる。出会うことにより、お互いなのだろうけれども、急速に発展し、成長することがある。僕はそういった意味では、重要な出会いに恵まれているのだろうと思う。江副さんとの出会いも僕にとってはもちろんそうであるが。 IDEEを創業した黒崎さんとの出会いもとても大きかった。とにかくアイデアとエネルギーと、人を巻き込んでいく、夢を見させる天才だった。
そして若者に機会を与え、伸ばした。黒崎さんに出会ったのは、僕がまだ大学院生の時で、その時やっていた活動にIDEEに賛同してもらいたく、無謀にも会いに行った。
青山のIDEE本店に行って、なんだかわからない活気がある中で会わせてもらってプレゼンしたが、多分黒崎さん、話はほとんど聞いていなかっただろう。後日黒崎さんにそのことを話したが、覚えていなかった。それはそうだ。その時黒崎さんはTokyo Designers Blockに夢中で、切り返しに、その話ばかりされた記憶がある。

その後、江副さんの会社に勤めているときに、個人で、中央区八丁堀のぼろ屋を改装して、リノベーション的なことを始めていた時に、友人がIDEEにいたので、誘われて、なんだかわからずにある会にいった。

それがR-projectの始まりだった。

そのとき集まった人たちは、いろんな人がいた。東京R不動産もある意味そのころが原点だったと思うし、今活躍している建築家の方や、今では作家になった方や、とにかく、横断的であらゆる活動をしている人達だった。そういう人たちをなんだかとにかく集め、巻き込み、本をつくったり、具体的なことが始動したりと。それが黒崎さんの求心力だった。僕は当時25歳とかで、よくわからず、でも熱狂していたのだと思う。


結果その延長線上に今の付き合いもあるし、仕事の流れの一筋もある。その後いろんなことがあって、疎遠になってしまったり、それこそ立場上対立的になってしまったり、とにかくいろんなことがあったが。でも個人的には、あるいは人間関係的にはいろいろあれど、2002年くらいの黒崎さんが声掛けしたことを始まりとして、関わった人が、多くの活動を開始して、あるいは加速させて、不動産や建築、それらが提供する人々の暮らし、そういったものに少なからずの影響を与える行動を拡大させていったのは、まぎれもない事実であると思う。

そして僕もその一人で、黒崎さんとの出会により、事業というか、そのもとになる考え方、活動全体を拡大させることができたと思っていて、とても感謝しているのだ。ある個人の旗印に人が少なからずの興味、というか、魅力を感じて集まる。その関係性が会社という形だけではなく、それらを超えた活動に発展する。もちろんコミットメントなき組織は続きづらいという側面もR-projectで学びはしたが。でも、長いスパンで見た時に、そこで集まった人たちがその後に、世に与えた影響を考えたら、とても意味のある熱狂だったのではと、強く思う。

思考の変遷 130405

2013.4.5

5
2010年の夏ぐらいだった。リーマンショックの影響がまだ色濃く残っていて、景気が落ち込んでいるところに、震災があり、世はなんとなく暗く停滞感を持っていた。いくつかのシェアハウスやシェアオフィスの事業を行っていた我々に、ある方のご紹介で上馬のお屋敷の物件の相談が来た。それがThe Forumとなって再生した案件だ。すべての不動産は世界に一つしかないし、固有性を持っている。しかし、その固有性が、ここまで際立っている案件は奇跡的だった。

まず所有者。かの著名な経営学者野田一夫先生がかつてご自宅に使っていた。もともとは米系の製薬会社の日本代表が50年前くらいに建てた。日本建築好きの外国人で、モジュールとかは日本のそれではないが、使っている素材は日本のモノ。見事な和洋折衷のお屋敷をつくった。それを野田先生のお父様が気にいって買ったらしい。ちなみに野田先生の息子さんは、これまた力のある、ウェディング運営会社プランドゥーシーの野田豊さん。羽沢ガーデンとか素晴らしい施設を運営してきた人だ。野田豊さんの美意識の原点が、この上馬の家にあるとのこと。確かに、建物と庭の関係や、植物、池の関係など、プランドゥーシープロデュースの案件に通ずるものがある。子供のころからこんな風景見て育ったことは、すごく財産なのだろうなと思う。


野田先生はかつて、Forumというビジネスパースンのコミュニティーを運営していた。昭和50年代に、紀尾井町にて行っていたらしい。会員制クラブがあり、スポーツジムがあり、共用の会議室があり、小型の事務所、そして、キャレルという席型のシェアオフィス。まさに、そんな時代から新たな働き方を提唱し、実践してきた人だ。

次にタイミング。これが、景気がよく、高給取りの外国人エキスパッドが多くいるタイミングだったら、僕らにこの案件の相談はなかった。普通に月200万とか支払う投資銀行の人とかが住んだだろう。リーマンショック後、多くの外資投資銀行が日本の人員を減らして、アジアの拠点から日本をはずし、香港とかシンガポールとかに移っていった。そこに震災が追い打ちをかけた。そのタイミングだったから、この建物も運用方法に窮していたのである。

不景気という環境が我々にはよいタイミングだったこと、所有者の方が持っている物語、そして建物の力、それらが絶妙に組み合わさって、シェアオフィスThe Forumは出来上がったのだ。

 

思考の変遷 130402

2013.4.2 WATARU MUTO

不動産、建築と、金融は切っても切れない関係だ。

シェアハウスなどまだ投資商品として十分に認知されてない物件を作り、開発していると、いつも金融の壁にぶち当たる。リノベーションもまた然り。

つまり金融機関が評価できないのだ。結果、資産の流動性が普通のモノに比べ低くなる。アセットタイプによるものもあるが、例えば、新築と中古だと流動性はかなり変わる。

例えば、税務上の残存期間しかローンのアモチ期間を見られない場合が多い。すると、古い物件はそもそも融資対象となりにくい。人々の暮らしや、都市景観を変えていこうとするのであれば、金融の仕組み、解釈を変えていくという作業が必須だが。

 

金融庁と国交省のパワーバランスの問題でもあるのだろうな。やはりより優秀(学歴という意味で)な人がいる省庁の方が強いんだろうな。

昔聞いた話で、サブプライム問題はなぜ起きたかというはなし。

ハーバードとかの優秀な人たちの中で、最も優秀な部類の人たちは、自分で起業する。

その次ぐらいの人たちが投資銀行に就職していく。そして真ん中ぐらいの普通の人たちが、格付け会社に就職していく。

つまり、自分より頭のいい人たちが作った、金融商品など評価ができないのだ。

その金融商品を作った人に、評価の仕方を教わったりして、AAAとかいう評価をつけているわけだ。それはやりたい放題だろうなと思う。

 

日銀がどんなに金融緩和と言っても、要は、金融庁が、不良債権起きたときに結局レンダーに責任とらせますよ、という態度でいる限り、銀行の姿勢は簡単には変わらないだろう。

そして、わかりやすい方向のみに資金が集中し、局所的な一時的資産インフレが起きる。そっちの方が危ないとわかっていても。

 

税務上の残存期間しかローン元本返済期間を見られないという形である限り、古い建物はなかなか流動性を確保できず、結局、壊して建て直したほうがいい、という従来の流れになる。

いったいそれにより、どれだけの社会資本を毀損したことか。

誰の意思が働いてそのような制度設計になっているのか。日本人を疲弊させて貧乏にさせることにより誰が得をするのか。

穴を掘って、その土で、隣の穴を埋めて。また掘って、また埋めて。

壊しては建て直し、又壊し


10 / 12« 先頭...36...91011...最後 »
Back to Top