FACEBOOK

forum letter

思考の変遷 130401

2013.4.1 WATARU MUTO

6


僕のビジネスの先生は、リクルートを創業された江副さんだった。

 2001年に建築の大学院を卒業した。その時は、いわゆる不況就職氷河期で、僕の研究室の先生はそれでも、力のあった人なので、同窓生は、竹中とか大成とかそこそこのゼネコンに就職したり、三井不動産とか、しっかりした会社に入っていた。

僕はそのころ、ほっといたら模型を作ってしまうような、超デザイン意匠思考の人間だったので、著名巨人建築家のアトリエを紹介してもらって、1週間くらい働いたりした。

でも何かしっくりこなかった。

 建築を作るということをもっと、お金の流れとかそこから考えないと、建築家という職能自体が立ち行かなくなるのでは、と、思った。

その時に江副さんに誘われて、江副さんがリクルート等の一線から離れた後にやっていた会社に入れてもらった。ディベロッパーだった。

江副さんはディベロッパーアーキテクトという言葉を教えてくれて、僕らにいろんな機会を与えてくれて、多くの体験をさせてくれた。

 

僕の考え方の中心はその時に教わった考え方が基本にある。

今年、そんな江副さんが亡くなられた。

 江副さんには、最初っから、結構高額の給料をいただき、何もできない僕にいろんな機会を与えてもらった。投資していただいた分、儲けていただく前に、僕は会社を辞めてしまい、リノベーションの会社などを作って今までやってきた。

辞める際に、世話になった分をお返しできてないと思っていたので、とりあえずその当時自分がかかわっているプロジェクトが着地するまでは、無償でもよいから、最後まで見させていただきたい、と、進言したら。江副さんは、中途半端はよくない。君は君が次にすべきことに全力になりなさい。と、言ってくれた。そして、僕がやろうとしているリノベーションプロジェクトの話を聞いてくれて、投資規模感含めてちょうどよいね、と言ってくれた。そして僕はすっきりやめて、次の事業に打ち込めた。

 

辞めた後も、もう少し自分でしっかりした事業をつくり、胸をはってご報告に行き、場合によっては、物件ベースでもよいので投資をしていただき、儲けてもらう。ということをしたかったが。

 そんな当時のメンバーと江副さんを偲ぶ会を先日行った。

皆元気だ。活躍している。

 東京R不動産もそうだし、candeoホテルもそうだし、visixや。外資投資ファンドで稼いでいる人もいるし。みな、当時、切磋琢磨したメンバーだし、不動産、建築業界に少なからずの影響を与えている人たちだ。

 江副さんのヴィジョンの旗印に集まった人間が、今では、散り散りなったが、それぞれの立場で活躍している。

江副さんに経済的恩返しはできなかったし、大金持ちだから、たとえ少しリターンを出せたとしても、さしたる影響はなかっただろうが。

 

何か、学んだものを、基礎としながら、しっかりと事業を作っていきたいとあらためて思った。

 シェアハウスはしっかりやれば、しっかりした市場を形成できるし、やってそうでちゃんとやられていない。そして、人々の暮らしにしっかりとした価値提供ができるはずである。そういう暮らしを事業を通して提供すること。それのみだ。

 江副さん、改めて、ありがとうございました。ご冥福をお祈りいたします。

 

思考の変遷 130329

2013.3.29 WATARU MUTO

経済的には対昨年割れ、給与も下がった、でも、豊かになった。
この感覚を作ることが、シェアカンパニーが目指す事業。
その一つがシェアハウス。

安いという価値。
住宅コストを見直すことは、生活防衛にとって大きな役割を果たす。そもそも不動産は高額商品であり、それを1割2割コストを見直すだけで、財布にとって大きな好影響をもたらす。シェアハウスは安いということも大きな価値だと考える。

そうしてコストを下げたことによりできた余裕を何に使うか。貯金、将来への投資、等。(この提案もシェアカンパニーが本来行っていきたいことである)

コミュニティを提供する。
田舎の地縁社会の煩わしさ。都会の無縁社会の孤独感。そのどちらかしかなかった。それに対してシェアハウスはある意味いいとこ取りの関係性を入居者に提供している。あるいは提供できる可能性を持っている。友達でも同僚でもない。ライバルでもなく利害関係もない。疑似家族のようなもの。コミュニティを選択する方法を提案しているということでもある。

これらは、シェアカンパニーが存在する、市況環境の概況であり、無理に作り出しているトレンドではない。自然にこういったことを求める人が必ず増えてくるし、既に増え始めている。

安くよい住環境を提供する。
それによりできた余裕資金に対して、よい提案をする。

これがシェアカンパニーの事業骨子。

これらの結果、所得は下がったが、シェアカンパニーの物件に住んでいれば、なんか、より豊かになった、と、思われることが、我々の存在価値である。

 

思考の変遷 130327

2013.3.28 WATARU MUTO

The FORUMという場所を去年の10月ぐらいにオープンした。立地は決してよくないが、建物がとても素晴らしい。その建物をシェアオフィスとして運営している。

この素晴らしい建物と出会ったのは2011年の秋ぐらい。シェアハウスを多く運営していたので、お声がかかった。リーマンショックと、震災の影響でこういった和洋折衷建築好きの外国人エキスパッドが皆本国に帰ってしまい、高い賃料を払える人がいなくなってしまった。その運用方法をオーナーさんは困っていた。シェアハウスとして運用ができないかという問いかけだった。

僕らが提案したのは、改装して、シェアオフィスとすること。

こんな立地でオフィス!?と多くの人が懐疑的だった。

僕も改装費を投資家から投資してもらおうと思ったが、理解は得られなかった。

じゃー自分たちでやるしかない。お金をかき集めて、内装を変更。固定家賃で借上げて、このプロジェクトがスタートした。普通この場所でリスクとらないよ、と、みんな思っている。

結果、現在、まだ満室にはならず、普通のプロジェクトよりも苦戦している。

でもこれは仕方ない。こういった価値を理解してもらえる人に出会っていくのには時間がかかる。

利便性という視点でオフィスを見ていったときに、確かにこの立地はない。

それら多くの現実的なことを凌駕して、この空間で過ごし、この空間で仕事をし、この空間で出会う人たちとの関係性に、価値を感じる人。1000人に一人とかそれぐらいではなかろうか。
この場所には普通の人は集まってこない。やはりとても強くて、魅力的で、何かエネルギーを発する人。そういう人のみが集まってきている。

収益性という視点のみで考えれば、同じお金かけるならもっと儲かる案件はある。しかし、どうもそうはいかないんだよな。そういう案件は投資家さんのお金を使ってしっかり儲けてもらう。
難易度高くて、儲からなそうだけど、何か大きな価値を感じるもの。そういうものをリスクとってやってしまう。そういう習性がある。

でも、収益性のみならず、総合的価値を享受するには、実は近道でもある。なぜなら、こんな変な物件に集ってくる人は、それはそれは魅力的で力のある人たちばかりだからだ。今後入居者の方もこの場で紹介していきたい。運営している我々、社員たちも、そんな人たちと普通じゃ会えない。普通じゃ会えない人たちに会えること自体、会社全体としてはとても価値のあることだと考える。

事業を続けていくと、いかに、成長するかだとつくづく思う。成長とは別に去年より売り上げが伸びました、的なことではない。個人、組織、両方だが、スキルが向上し、考え方が向上し、人格が向上すること。その成長の実感のみが仕事をしている理由だったりする。

そういう意味では、僕もそうだが、社員にとっても、The Forumは成長の機会なのだ。

僕らメンバーもThe Forumの場で勉強をしていきたいと思う。

The Forumはとりあえず7年間定期借家で借りたので、7年間は続ける。我々社員は大体20代後半から30代、40代前半くらいまでだ。この年代にとっての7年間ってとてつもなく大事だ。ぼーっと過ごした人と、何か追及して過ごした人と。多分一生取り返しがつかない差がつく。そんな大事な時期にThe Forumを運営していろいろな機会に恵まれることは、とても意味があると思う。

Forumに関しては、まだまだいろいろあるが、また次回。

 


11 / 12« 先頭...36...101112
Back to Top